ウェブマスター向けガイドラインとは? / アフィリエイト用語集

2020年2月19日

SEOに関する情報を収集しているとよく見る用語に『ウェブマスター向けガイドライン』というものがあります。
ウェブマスターという凄そうな言葉があるからか「まだ必要ないかな。」となりがちですが、SEOで集客をしたいのであれば見過ごせないコンテンツとなります。

ウェブマスター向けガイドラインはGoogleの指針

日本でSEOをするのなら、圧倒的なシェアを誇るGoogleとYahoo!の検索結果で上位を目指すのが一般的です。そして一部のキーワードを除いて検索結果はどちらも同じ内容が表示されます。

これは、Yahoo!もGoogleの検索結果を表示するアルゴリズムを導入しているためです。
つまり、Googleがサイトに求める内容が詰まったガイドラインを読み解けば、自分のサイトに「何が足りていて」「何が不足しているのか」が必然的に分かるようになります。
スクリーンリーダーのサポートが有効になっています。

どこで読めるか?

Googleの公式ブログウェブマスター向け公式ブログ(日本語版)で大々的なアップデートや方向性が述べられているので大抵のことはここで分かるはずです。

注意したいのが、英語サイトにしか載っていない情報であったり、TwitterでGoogleに勤務するSEO担当者個人のアカウントから発信される内容が非常に有意義なこともありますので、前述のブログだけが全てとは限らない事です。

ガイドラインは答えが載っている訳では無い

ガイドラインにはサイトに求める方向性は書かれていますが、必ずしも明確な答えとは限りません。

SEOの経験があれば一度は、

  • タイトルの文字は〇文字以内
  • 文中に狙うキーワードは〇%以上入れる
  • 被リンクは〇個以上は最低でも貰う

のような、定量的な指針はまず無いため、ガイドラインの意図を汲み取り、どうやって自分のサイトに落とし込むべきか。は考えなくてはなりません。

SEOは時間が掛かるといわれるもう一つの理由

SEOで評価されるのには、トラフィックや被リンク等の外部対策の実績がたまるまでに時間が掛かるといわれる以外に、このような指針を自分の中に落とし込むのに時間(=経験)が必要という事も挙げられます。

中級者以上になると、書こうとしている記事や構成がガイドラインに対して適切か。というのは一つ一つ調べなくても判断できるようになりますが、初めて間もないうちは確認しながらの作業になりがちです。
ここで挫折してしまうアフィリエイターも多いですが、反対にここを乗り越えたステージに立っているアフィリエイターも一気に減るので、まずはアフィリエイトで稼げるようになるための過程と割り切って、実直に向き合ってみてください。

まとめ

SEOに関する基礎的な情報は、書籍やまとめサイトでも手に入れることは可能です。

ライバルサイトに差を付けるためにも、日ごろから情報収集は怠らないようにしましょう。

-用語集

Copyright© インフォトップカレッジ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.