ドメインとは? / アフィリエイト用語解説

2019年11月11日

ドメインとは、インターネット上の住所のようなもので、あなたのサイトをインターネット上に公開するうえで必ず必要になるものです。本物の住所が同じものがないように、インターネット上の住所であるドメインも世界に2つと同じものはありません。

ドメインは、URLやメールアドレスに必ず入っています。
URLの場合は、「www」などのホスト名と呼ばれる部分の後ろにあります。
「www.infotop.jp」であれば、「infotop.jp」がドメインとなります。

メールアドレスの場合は、@以降の部分で、Gmaiであれば「gmail.com」、Yahoo!メールであれば「yahoo.ne.jp」がドメインになります。

ドメインの作り方

ドメインは、ドメインポータルサイトから自分の任意ものを取得することができます。
しかし、完全早い者勝ちなので、こだわりの文字列がある場合は、早めに取得しなければなりません。

日本語ドメイン

ドメインは通常、アルファベットの文字列ですが、実は「インフォトップ.○○」のような日本語のドメインも取得することができます。日本語ドメインのメリットは、日本人が視覚的にサイトの内容を理解できること、アルファベットのドメインよりも目立つ、ということなどがあります。

しかし、日本語ドメインでメールアドレスを作成すると、日本語の部分が「xn--」から始まるアルファベットの文字列に変換されてしまう、というデメリットもあります。

中古ドメイン

中古ドメインとは、新規で取得したドメインではなく、その名通り元々使われていた中古のドメインのことです。なぜ他の人が取得した中古のドメインがあるのかというと、中古ドメインには、元々そのドメインが持っていた被リンク(ページへのリンク挿入)やサイトランクがあります。そのため、新規ドメインと比較してSEOでの評価が高くなる可能性があります。

しかし、新規ドメインが年間1,000円以下のものが多いのに対し、中古ドメインは数千円のものがほとんどと、価格面で大きな差があります。
さらに、中古ドメインが過去にペナルティを受けてしまっている可能性もあり、するとSEOの評価が何もしていないのに下がってしまう危険性もあります。

新規ドメイン

中古ドメインには、最初からSEO効果が期待できるというメリットがあるのに対し、新規ドメインにはイチからサイトのブランディングができる、というメリットがあります。例えば、サイト名をアルファベットにしてドメインを取得すれば、検索結果に表示されるドメインとサイト名の親和性が高まり、ユーザーに不信感を与えません。

また、新規ドメインはペナルティを受けていた可能性もないので、SEO的なリスクが少ないと言えます。もちろん、まっさらな状態から始めることになるので、SEOの評価は弱いところからのスタートですが、ドメイン由来でのリスクが存在しないことは大きなメリットと言えるでしょう。

ドメインの種類

ドメインには独自ドメインとサブドメインという2種類があります。

独自ドメインは、自分で自身で取得・利用するドメインです。新規ドメイン、中古ドメイン、日本語ドメインも全て独自ドメインに含まれます。

サブドメインとは、独自ドメインを管理するうえで、用途によって割り振ったドメインのことを言います。サブドメインで指定したページは、独立したWebサイトという扱いになります。無料ブログなどは、このサブドメインを使ってユーザー毎の個別ページを作成していることが多くあります。

しかし、サブドメインは親ドメインの影響を強く受けるため、親ドメインがペナルティを受けたりすると、サブドメインページの検索順位に影響が出たりする場合があります。無料ブログサービスなど、サブドメインを利用する場合は、サーバーやドメイン代がかからない代わりにこのようなリスクがあることを理解しておきましょう。

独自ドメインのメリット

独自ドメインは、サーバーやドメインの取得にコストがかかってしまいますが、無料で使えるサブドメインにはないメリットが多数あります。

URLが変わらずに使い続けることができる

サブドメインは無料ブログや、レンタルサーバーなどのサービス毎に発行されるので、別のサービスにブログを移行したりすると、元のドメインは使用できなくなり、URLが変わってしまいます。さらに、無料ブログなどではサービスが終了してしまう可能性があるため、そうするとURLを変更しなければなりません。

独自のメールアドレスを作ることができる

メールアドレスも、URLと同様にサブドメインの場合は、サービスを変えると変更する必要があります。独自ドメインであれば、サーバーを移行してもアドレスを変更することなく、使い続けることができます。

SEOで有利になる可能性がある

前述したように、サブドメインは親ドメインの影響を受けて検索順位が下がってしまう可能性があります。

また、Googleは同じドメインのサイトを基本的には検索結果に2ページまでしか表示しないと発表しています。この「同じドメイン」にはサブドメインも含まれており、同じサービスを使うユーザーとコンテンツが競合している場合、独自ドメインと比較してSEO的に不利になってしまう可能性があります。

まとめ

ドメインはアフィリエイトを行ううえで必ず必要なものです。だからこそ、正しく理解してあなたの状況やサイト展望に合わせたドメインを利用しましょう。

インフォトップのアフィリエイトが稼ぎやすい3つの特徴
インフォトップのアフィリエイトは全承認
高報酬率だから稼ぎやすい!
2ティア報酬制度でさらに稼げる!
アフィリエイター新規登録!  (無料)
  • この記事を書いた人
インフォトップカレッジ

インフォトップカレッジ

国内最大級のアフィリエイトサービスを備えたデジタルコンテンツを扱うネット通販サイト「インフォトップ」を2007年よりサービス開始。

「インフォトップ」では個人、法人を問わずデジタルコンテンツ、物販で商品を出品できるシステム、及びその販売促進のためのアフィリエイトシステムを提供するASPを運営しています。

以降、その会員数は累計で300万人を超え(2019年現在)、様々なジャンルにおいて商品を取り扱っています。

ASP事業において培われてきた「アフィリエイトのノウハウ」を、アフィリエイト初心者や稼ぎたい人に向け、発信をしてまいります。

【関連リンク】
インフォトップ [デジタルコンテンツ販売、ASP]
株式会社ファーストペンギン [運営会社]

-用語集

Copyright© インフォトップカレッジ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.