アフィリエイトでCTRを上げて、収益を高めよう

2019年11月12日

アフィリエイトを始めていると、初めて聞くようなネット用語に出会うことが多いと思います。
特に、ネット広告の用語は略語や聞きなれない単語が多いため戸惑っているのではないでしょうか。

今回はアフィリエイトの世界で何度も聞く「CTR」について解説したいと思います。

CTRとは?

CTRとは「Click Through Rate」の略で、「クリック率」を指す言葉です。

広告の表示回数に対してクリックされた割合のことを指し、広告を中心にあらゆるWEBサイトのパフォーマンスを示す指標として頻繁に使用されます。

CTRが高い広告ほどクリックされた割合が高く、アフィリエイトではCTRが高いほどユーザーの興味関心が高いと判断をすることができます。

CTRの求め方

CTRの求め方はとても簡単です。

(B)の分母は必ずしも全体のアクセスとは限らず、検証・戦略に良さそうな数値を選ぶと良いでしょう。

例えば、サイトの広告の場合、(B)にはPVやUU、広告のインプレッションの数値を使います。
メールの場合は配信数や開封数を当てはめます。

それぞれの計測方法が分からないという場合、サイトであればGoogleが提供している「Google Analytics(アナリティクス)」という無料のサイト解析ツールがありますので、まずはそれを使うと良いでしょう。

メールになると、契約するメール配信システムで配信数・開封数の確認の可否が変わってきますので、申込の前に確認しておきましょう。

CTRの重要性

アフィリエイト広告はクリックをされないと成果が発生しませんので、非常に大切な指標です。

リンクをクリックしてもらうためには、アフィリエイトしている商品が魅力的に見えるようにコンテンツを工夫して作りこんでいくのが大事です。

CTRは高ければよいというものではない

アフィリエイトにおけるCTRは、誘導したいアフィリエイト商品に興味を持たせてリンクを押してもらえたか?という事になるので、基本的には多ければ多い方が優れていると言えます。

しかし、必ずしもCTRが高ければよいというわけではなく、戦略なしに闇雲にクリック数を集めてCTRを高めても、成果を生まないこともあります。

【CTRが高くても成果になりにくい例】

  • 商品のメリットを誇大的に訴求
  • 誤クリックを招くようなやり方

虚偽や誇大表現によってユーザーの期待を必要以上に煽ったり、意図しないクリックを招いてクリック数を集めても、ユーザーの購入意思に繋がらない訴求の仕方では、商品を買ってくれません。

CTRは、もちろん多いに越したことは無いですが、CTRを高める事だけではなく、その先のCVR(成約率)にも着目するようにしましょう。

-用語集

Copyright© インフォトップカレッジ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.