CTRとは? / アフィリエイト用語解説

2019年11月12日

CTRは『Click Through Rate』という単語の頭文字を取った略語になります。

日本語にすると『クリック率』となり、広告を中心にあらゆるWEBのサイトパフォーマンスの指標の一つとして頻繁に使用されます。

意味もほとんどそのままで、特定のリンクやバナーがどれだけクリックされたかの割合となります。

仮にCTRが10%であれば、媒体に訪れた10人に1人がリンクを押しているという計算となります。

CTRはどうやって求めるの?

計算方法としては割合を調べるだけので、さほど難しいものではありません。

電卓で計算する用に分解すると、

CTR(%) = (A)÷(B)× 100

となります。

分母(B)は必ずしも全体のアクセスとは決まっていません。、検証・戦略に良さそうなものを選びましょう。

例えばサイトや広告であれば、PV、UU、インプレッションなどの数値を入れます。
メールであれば、配信数や開封となります。

それぞれの計測方法が分からないという場合、サイトであればGoogleが提供している「Google Analytics(アナリティクス)」という無料のサイト解析ツールがありますので、まずはそれを使うと良いでしょう。

メールになると、契約するメール配信システムで配信数・開封数の確認の可否が変わってきますので、申込の前に確認しておきましょう。

CTRは必ずしも高ければ良いというものではない。

アフィリエイトにおけるCTRは、誘導したいアフィリエイト商品に興味を持たせてリンクを押してもらえたか?という事になるので、基本的には多ければ多い方が優れていると言えます。

ただし、紹介文の内容が実際の商品よりも過度に魅力的に書いてしまうと、LPを見た時に期待値を下回ってしまい、結果的に「多くの人に商品を使ってもらって多くの報酬を得る」アフィリエイトの目的から離れてしまいます。

他にも、とにかくリンクを押してもらいたいから、あちこちにバナーを貼って誤クリックを狙っても成果にはつながりにくいでしょう。

CTRは、もちろん多いに越したことは無いですが、CTRを高める事だけではなく、その先のCVR(成約率)にも着目するようにしましょう。

【登録無料】インフォトップのアフィリエイトを始めよう!

アフィリエイター登録する

-用語集

Copyright© インフォトップカレッジ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.