用語集

ホワイトハットSEOとは?

ホワイトハットSEOとは

ホワイトハットSEOは現在主流のSEO対策で、Googleのガイドラインに沿ったSEO対策、そしてユーザーの利便性を優先したコンテンツ作成を中心としたSEOの手法です。

ブラックハットSEOとの違い

対してブラックハットSEOは、ホワイトハットSEOとは逆の概念で、Googleの仕組みの穴を突き、品質の高くないコンテンツを検索上位に表示させる手法のことを言います。

現在はブラックハットSEOはGoogleによって厳しく取り締まられているので、この手法でSEO対策をすることは意味がなく、かえってペナルティを受けるなどのリスクとなりかねません

ブラックハットSEOとは?

ホワイトハットSEOでアクセスを集めるポイント

ホワイトハットSEOでアクセスを集めるためには、ユーザー及び検索エンジンを意識した有益なコンテンツを作る事です。

有益なコンテンツとは「Googleのガイドラインを遵守した検索エンジン最適化を実施し、ユーザーの検索意図や使いやすさを最優先したコンテンツ」のことを言います。

それではそのポイントについて解説をしていきましょう。

良質なコンテンツを増やす

まずサイトへ集客するためには、良質なコンテンツが必要です。
記事が少ない、内容が薄いサイトでは人は集まりません。

ホワイトハットSEOで重要となるのがコンテンツSEOと呼ばれているものです。
コンテンツSEOとは検索ユーザーが欲しい情報をコンテンツにすることで集客を狙う手法のことを言います。

コンテンツSEOでは、自社商品やサービスに対する潜在顧客が求めていること、どんなキーワードで検索するかを分析し、そのキーワードに対する答えをコンテンツ化していきます。

良質なコンテンツとは、キーワードに対する答えだけでなく、有益な情報を提供しているコンテンツも含まれます

Googleの重要指標「E-A-T」

Googleが考えるコンテンツの重要指標にE-A-Tというものがあります。
これは専門性(Expertise)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(TrustWorthiness)の頭文字を取ったもので、サイトやページの専門性・運営者情報・評判、コンテンツの作者を評価の参考にしているもので、簡単に言うと「ちゃんとしたサイト運営者と権威性のある作者が、確かな事実に基づいてコンテンツを作成しているか」を評価しています。

E-A-Tとは?

YMYLと呼ばれる健康や財産に関わるジャンルにおいては、このE-A-Tが厳格化されています。

しかし、専門家でなければ評価されないか、ということではなく、信頼に値するコンテンツの内容や情報量を提供することで評価に繋がりやすくなります。

YMYLとは?

競合他社と差別化できるコンテンツ

上位表示されているコンテンツはGoogleによって高く評価されていますので、コンテンツSEOを行う上で参考にはなりますが、全くの同じような内容だとあまり評価はされません。

コンテンツには競合サイトと差別化のできるような情報をプラスすることで、Googleからの評価が得られやすくなります。

サイトの使いやすさ

モバイルフレンドリー

Googleは2018年にモバイルファーストインデックスを発表しました。
これはインターネットの閲覧環境の割合がPCよりもスマホの方が高くなったことにより、これまでページ評価の基準をPCサイトとしていたものを、スマホサイトを基準にするというものです。

サイトをスマホで見る際に、文字の大きさやボタンの配置、画像の解像度など、スマホで見るための最適化がされているかどうかを評価します。

表示スピードの最適化

ページ内の画像やファイルなどが重いと、サーバーにも負担がかかり表示速度が遅くなります。
その結果ユーザーの離脱にも繋がってしまい、検索エンジンからの評価がマイナスになることがあります。

そのため、表示速度の最適化も重要な指標となります。

自然な被リンク

ブラックハットSEOでは自分で大量に生成したぺらページからの被リンクや、業者から大量の被リンクを買うなどしていましたが、現在その方法は通用しません。

自然な被リンクを集めるためには、被リンクを獲得しやすいコンテンツ作りが大切です。
検索ユーザーのニーズを分析し、そのニーズに合った内容をコンテンツに落とし込みます。

コンテンツの内容を理解しやすく、図や写真、見出しなどを適切に使ってユーザーファーストのコンテンツを作っていくことで、被リンクも獲得しやすくなることでしょう。

現在のSEO対策を見直して有益なコンテンツ作りを

現在のGoogleはユーザーファーストであることを最重要としており、有益なサイトやページを判断する精度を飛躍的に高めています。

現在のSEO対策は「ユーザーに対してより良い情報、体験を提供すること」に尽きます。
これらを追及してコンテンツを作っていくことが、SEO対策の一番の近道といえるでしょう。

SEOは一日にして成らずです。ユーザーを意識した施策をコツコツと積み上げていくことで、徐々に人を集める事ができるサイトを作る事ができます。

インフォトップのアフィリエイトが稼ぎやすい3つの特徴
インフォトップのアフィリエイトは全承認
高報酬率だから稼ぎやすい!
2ティア報酬制度でさらに稼げる!
アフィリエイター新規登録!  (無料)

-用語集
-,

アフィリエイターを始めてみたい方は…

インフォトップアフィリエイターのための稼げるWEBマガジン「インフォトップカレッジ」は、アフィリエイトのノウハウや、トップアフィリエイターのインタビューなどのお役立ちコンテンツをお届けしています。

公式SNS


関連サイト

Copyright© インフォトップカレッジ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.