【初心者必修!】アフィリエイトの稼げるライティングとは?

2020年3月11日

アフィリエイトで稼ぐために重要なことはたくさんありますが、
その中でも特に重要な「セールスライティング」について理解はできていますか?

セールスライティングはアフィリエイトの収益UPには欠かせない技術です。
ここでは稼げるアフィリエイトのライティングのコツについてご説明します。

稼げるライティングのポイント

早速ですが、稼げるセールスライティングのポイントについてご説明します。
これを理解することで、今のライティングの技術向上が期待できます。

「検索意図」とのマッチング

まず稼げる検索キーワードを選定しましょう。

ユーザーが知りたいことと提供すべき情報をマッチさせることが重要です。

人は必ず何かしらの「意図」を持って検索をしています。
ユーザーは「知りたいこと」を知るために検索するので、そのアンサーとなるページが必要になります。

そのためには、アフィリエイト商品の購入見込みがある検索キーワードをよく吟味して選定するべきです。

検索意図と購入見込み
「集客目的」でアクセスを稼げるキーワードを狙っているケースを見かけるけど、購入見込みがないキーワードの場合、アフィリエイトではあまり成果に結びつかないよ!

稼げる記事の型

セールスライティングと言うと難しく捉えられがちですが、型を押さえていればすぐに実践することができます。
まずは文章全体の型を習得しましょう。

構成案を作成する

文章全体の基本構成としては以下のような形がベーシックです。

  • タイトル
  • 冒頭文
  • 本文(内容に応じて、3~5段落程度)
  • まとめ

この構成をベースに、どんなことを書いていくか、流れを意識して構成案を作成します。

検索キーワードの意図からずれないように!
検索キーワードの意図からずれないように、記事のゴールにどんなことを書くのかを予め決めておこう!

本文から書いていく

記事は本文から書いていくようにしましょう。
そして、まとめ⇒導入文⇒タイトルの順番で作成をしていきます。

そして、まとめでは本文で述べたことをまとめましょう。

本文とまとめを書いたら、導入文では記事を読んでどんなことが分かるかを説明するようにします。

最初に結論を述べよう

そして文章を書く際、基本の構成として伝えるべき結論から述べるのが良いと考えます。

構成案を作成したものはいいものの、各章でつい長々と書いてしまいがちです。

アフィリエイト記事にユーザーが来訪する時、そのほとんどが情報収集のために来訪しているので、ユーザーは求める情報をいち早く得たいと考えるでしょう。

いち早く情報を得たい人にとって、説明や理由は求めていないケースも多いのです。

結論を一番最初に伝えるようにすれば、ユーザーは飛ばし読みをしていても重要な情報を手にすることができます。

見出し
・結論
・その理由

という構成で、必ず見出し近くに結論があるように文章を作成することで、ユーザーは欲しい情報に辿り着きやすくなります。

離脱率に影響大!
欲しかった情報をすぐにGETできたユーザーが「役に立つサイト」と認識させることで、滞在時間や離脱率にいい影響が期待できるよ!

冒頭文(導入文)では記事を読むメリットを明示

この記事を読んだことでどんなメリットがあるかを冒頭文(導入文)で明示しましょう。

ユーザーの離脱を回避できる一番のタイミングは、来訪したその時です。

記事の離脱を回避したいのであれば、最初にメリットを明示することで、「記事を読む動機」をユーザーに付与することができます。

構成案イメージ

タイトル 31文字以内(検索結果表示時に、タイトルが途切れないように)
・導入文 記事を読むことで得られるメリットを提示
本文① 見出し
・〇〇〇〇である(結論) ⇒ 答えを与える【最重要】
・その理由は~~(理由・説明) ⇒ 納得するための情報を与える
本文② 見出し
・〇〇〇〇である(結論) ⇒ 答えを与える【最重要】
・その理由は~~(理由・説明) ⇒ 納得するための情報を与える
本文③ 見出し
・〇〇〇〇である(結論) ⇒ 答えを与える【最重要】
・その理由は~~(理由・説明) ⇒ 納得するための情報を与える
まとめ
・上記本文で述べたことを再度整理してまとめる
・改めてメリットを提示する

未来をイメージさせる

セールスライティングの一番のポイントはベネフィット(受けられる恩恵)を提示し、未来をイメージさせることです。

ユーザーは自分の悩みを解決できる商品やサービスを求めているので、その悩みを解決した未来を想像させてあげられるように書くと良いでしょう。

× 「この清掃用品でお風呂がキレイになります!」
 「お風呂掃除は週に1度!時間に余裕ができます!」

ポイントはその商品の特徴を伝えるのではなく、それを使ったことでどのように生活が良く変容、改善されるかを伝えることで、ユーザーの行動に影響を与える事ができます。

購入の動機に気付かせてあげよう!
検索してるということは興味があるということ。
ならば、商品の特徴をベネフィットに変換して伝えてあげることで、購入の動機になるよ!

稼げない人のライティング

逆に稼げない人には、共通のライティングパターンがあります。
それを知っておくことも重要でしょう。

商品の特徴の羅列

一番多いパターンなのが、商品の特徴を羅列しているだけの記事です。
商品の性能や価格の情報だけでは、ユーザーは自分の悩みが解決できるかどうかイメージがしづらいのです。

商品を購入する動機を与えてあげられるのが稼げる記事です。

結論の記述箇所が段落によってバラバラ

前章で結論は最初に、見出し近くに書くとお伝えしました。

段落によって、結論が書いてある箇所が異なっていると、結局全部を読まなければ理解ができない記事となり、離脱を招くこととなってしまいます。

文章が読みにくい

これも初心者に多いパターンで、文章は長ければ長いほど読みにくく、内容が伝わりづらくなります。

一文に情報を盛り込んでしまいがちですが、なるべく一文を短い文章にし、読みやすくなるように書きましょう。

また、専門的な言葉や難しい言葉なども読みにくさの要因となります。

難しい単語などは使わず、なるべく平易な表現で読みやすくなるように心がけましょう。

記事を読むユーザー目線を忘れずに!
商品に興味があるユーザーでも、読みにくくて何も伝わらないページならそこから買うことはないよ。

工夫次第で売れる文章は必ず書ける

今までアフィリエイトで苦戦してきた人も、セールスライティングを習得すれば売れる文章を書く事ができます。

今回お伝えしたいことは、

  • 「購入見込み」のある検索キーワードを選ぶこと
  • 検索キーワードの意図にマッチした記事を作ること
  • 記事は結論から述べること
  • ベネフィットを感じさせる文章を書くこと

この4点は、ユーザーのニーズや行動をしっかりと理解していれば、自ずと見えてくることです。

今まで売れなかった文章も「ユーザー視点」を取り入れたライティングをすることで、売れる記事に必ず変わります。

「ユーザーにどうやれば刺さるのか?」これを念頭に、セールスライティングのスキルを磨いていってください!

  • この記事を書いた人
インフォトップカレッジ

インフォトップカレッジ

国内最大級のアフィリエイトサービスを備えたデジタルコンテンツを扱うネット通販サイト「インフォトップ」を2007年よりサービス開始。

「インフォトップ」では個人、法人を問わずデジタルコンテンツ、物販で商品を出品できるシステム、及びその販売促進のためのアフィリエイトシステムを提供するASPを運営しています。

以降、その会員数は累計で300万人を超え(2019年現在)、様々なジャンルにおいて商品を取り扱っています。

ASP事業において培われてきた「アフィリエイトのノウハウ」を、アフィリエイト初心者や稼ぎたい人に向け、発信をしてまいります。

【関連リンク】
インフォトップ [デジタルコンテンツ販売、ASP]
株式会社ファーストペンギン [運営会社]

-アフィリ基礎知識

Copyright© インフォトップカレッジ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.