サイト制作

HTTPとは?

2021年8月5日

HTTPとは「Hyper Text Transfer Protocol」の略で、Webサーバとクライアントが、HTMLで書かれた文書をやりとりするために使うプロトコル(通信手段)のことを指します。

つまり、WebサーバからHTMLファイルや画像など、自分のPCでWebページを表示するために必要なファイルを、HTTPという手段を使ってダウンロードするということです。

現在、WebサイトはHTTPSという方式が多く、「https://~~」で始まるURLをよく見かけると思いますが、「HTTP」と「HTTPS」の違いは、ファイルデータを暗号化してダウンロードするため、セキュリティ面で強化されているということです。

また、HTTPSはドメインの所有者が実在していることを表しているので、そういった面でも安心度が高まります。

  • この記事を書いた人

インフォトップカレッジ

国内最大級のアフィリエイトサービスを備えたデジタルコンテンツを扱うネット通販サイト「インフォトップ」を2007年よりサービス開始。

「インフォトップ」では個人、法人を問わずデジタルコンテンツ、物販で商品を出品できるシステム、及びその販売促進のためのアフィリエイトシステムを提供するASPを運営しています。

以降、その会員数は累計で300万人を超え(2019年現在)、様々なジャンルにおいて商品を取り扱っています。

ASP事業において培われてきた「アフィリエイトのノウハウ」を、アフィリエイト初心者や稼ぎたい人に向け、発信をしてまいります。

【関連リンク】
インフォトップ [デジタルコンテンツ販売、ASP]
株式会社ファーストペンギン [運営会社]

-用語集
-

Copyright© インフォトップカレッジ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.