アフィリエイター 用語集

GoogleのSEOのアルゴリズムとは?

SEO対策におけるアルゴリズムとは、検索順位を決定するためのルールとして意味しています。

GoogleのSEOアルゴリズムは随時少しずつアップデートを行って、よりユーザーにとって最適な検索結果を表示できるように改良がされています。

Googleのアルゴリズムは不正などを防ぐために公開されていませんが、上位表示をさせるためにはGoogleのガイドラインに沿ってサイトを作っていくことになります。

Googleのアルゴリズムは現在どのようなものがあるのか、現時点で代表的なもの、仕組みについて解説をしていきます。

主なGoogleのSEOのアルゴリズム

MFI(Mobile First Index)

MFI(Mobile First Index)とはGoogleの評価を、PC用ではなくモバイル用ページを基準にする方針のことです。

インターネットの閲覧のデバイス率においてスマートホンの割合が高まり、モバイルの重要性が高まりました。

2018年からモバイルファーストインデックスの移行が始まりましたが、2021年3月より全てのサイトの評価がモバイルにおいて実施されるようになりました。

QDF(Query Deserves Freshness)

QDF(Query Deserves Freshness)とは検索クエリの中でも時事性の高いものに関して、最新の情報を上位に表示させようとするアルゴリズムのことです。

人物やニュースなど時事性の高いクエリでコンテンツをリリースすることで、瞬間的なアクセスが増加したり、被リンクを得られやすくなります。

ただし、サイト自体のSEO評価やコンテンツの質も上位表示に影響しますので、日頃のサイトSEO対策は変わらず重要です。

QDD(Query Deserves Diversity)

QDD(Query Deserves Diversity)とは、検索クエリに対する結果を表示する際、同じような内容の記事ばかりにならないように、Googleは検索結果に多様性を持たせているのではないかという説の一つです。

Googleはこのことについて公式に発表をしているわけではありませんが、そのようなアルゴリズムを実装しているのではないか、という説があります。

例えば「スイーツ」と検索した場合、その検索意図には以下のようなものが想定されます。

  • 近くのスイーツ店を探している
  • 流行のスイーツがについて調べている
  • スイーツのレシピ

などなど、一つのクエリにおいて複数の検索意図が含まれている場合、検索結果に検索意図の偏りが出ないように多様性を意識していると言われています。

Googleの検索アルゴリズムの仕組み

検索意図の把握

検索クエリに対して最適な回答を返すためには、検索クエリの検索意図の把握がとても重要です。

最初にGoogleの言語理解が検索クエリの単語の意味を分析します。
そして入力された検索クエリのタイプを、「Know」「Go」「Do」「Buy」の4つに分類しています。

Knowクエリ 知りたい
Goクエリ サイトに行きたい
Doクエリ したい
Buyクエリ 買いたい

このユーザーの検索意図を理解し、それに合わせたコンテンツを作る事でアクセスを高めます。

キーワードとWebページの関連性

検索クエリとコンテンツがきちんと関連付けられているものかどうかも重要です。
検索クエリがコンテンツ内に含まれているか、タイトルや見出し、本文に出現していることで、Googleは関連性の高い可能性があるページとして理解します。

このキーワードのとの一致に加えて、検索におけるユーザーとの双方向のデータによりクエリと検索結果の評価をしています。

コンテンツの品質

また、Googleはコンテンツの品質を重視しています。
検索クエリに対して関連しそうなWebページは無数に存在しており、その中でも上位表示するために、コンテンツの新しさ、検索キーワードのが出現する回数などに加え、内容の信頼性や権威性についても評価をしています。

スパムサイトが多数存在しており、そうしたGoogle のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反している悪質なサイトを、検索結果から除外するようアルゴリズムの開発を進めています。

E-A-T(専門性、権威性、信頼性)という評価軸があり、GoogleがWebページの品質を評価すために採用されています
これが高いほど、検索結果への表示順位に影響があるため、重要な概念とされています。

ユーザビリティ

サイトのユーザビリティも重視しており、ユーザーが検索した際に求めている情報に辿り着きやすくサイトが整備されているかを評価しています。

ユーザビリティにはパソコンやスマートフォンなどのそれぞれのデバイスに最適化されているか、サイトマップやナビゲーション、パンくずなどの作成などがあげられます。

また、ページの表示スピードなども評価しており、サイト内でユーザーがストレスを感じることなく情報に辿り着けるようにすることが大切です。

ユーザーの情報

検索クエリと関連性の高い情報を反映するために、ユーザーの位置情報や過去の検索履歴などの情報も、最適な情報を検索結果に反映できるように活用されています。

これらの情報を元に、よりパーソナライズされた最適な検索結果にカスタマイズされるように開発されています。

現在地や履歴を反映させるかどうかは設定で有効・無効にできます。

質の高いコンテンツを作ろう

Googleのアルゴリズムはアップデートをし続けていますが、ユーザーの利便性を高めるために、最適な情報を検索上位に表示させることでユーザーエクスペリエンスを向上させるという方針は一貫しています。

私たちはユーザーにとって有用なサイトを作り続けることがSEOで成功する最短の施策であることを常に理解をし続ける必要があります。

そうなれば、小手先の手法でアクセスアップを目指すことよりも、コンテンツ、UI・UXなどサイト全体でSEO施策が大事であることを考えなければならないことでしょう。

インフォトップのアフィリエイトが稼ぎやすい3つの特徴
インフォトップのアフィリエイトは全承認
高報酬率だから稼ぎやすい!
2ティア報酬制度でさらに稼げる!
アフィリエイター新規登録!  (無料)

-アフィリエイター, 用語集
-,

アフィリエイターを始めてみたい方は…

インフォトップアフィリエイターのための稼げるWEBマガジン「インフォトップカレッジ」は、アフィリエイトのノウハウや、トップアフィリエイターのインタビューなどのお役立ちコンテンツをお届けしています。

公式SNS


関連サイト

Copyright© インフォトップカレッジ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.