アフィリエイター 用語集

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは

AMP(Accelated Mobile Pages)とはGoogleとTwitterが共同開発をしている、モバイル端末でWebページを高速表示するためのプロジェクト、フレームワークのことで、「アンプ」と呼ばれます

AMPプロジェクトは主にモバイルインターネットの向上に重点を置かれたのので、AMPを実装することで、通常のモバイルページの約4倍ほどの表示速度になると言われています。

AMPの仕組み

通常Webサイトは、アクセスした際にWebサーバーにリクエストをし、ページを表示するためのファイルを受け取り、それをブラウザが表示するという段階を踏みます。

AMPの場合、Webサイトの情報を予めGoogleやTwitter側で「AMP Cache」にキャッシュとして保存をしておきます。
そして、検索でリンクをクリックした際に、AMP Cacheに保存されているデータを取得します。

また、AMPの仕様ではHTMLやJavascriptで使える機能を限定的にし、ページを読み込みや描画の負荷を大幅に削減しています。

それによってコンテンツの表示の高速化が実現されています。

AMP導入のメリット

AMPを導入する最大のメリットは検索からの流入が増えることですが、具体的にどのようなメリットがあるかを解説していきます。

検索順位が上昇する

AMPによってモバイルページの読み込みが早くなることで、SEO評価が上がり、検索順位が上昇することが期待できます。

サイトの表示スピード自体のSEOの影響は大きいものではなく、コンテンツの内容が最も重要なので、検索キーワードとしっかり関連したものになるよう作りこんでいきましょう。

新たな検索流入が増える

カルーセルやリッチリザルトといった検索機能に表示されるためにマークアップされたAMPページをリリースすると、トップニュース枠などに表示される可能性が高くなります

カルーセル表示は検索結果の上位にあるので、そこに表示されると流入が増えるだけでなく、サイトの信頼性の向上にもつながります。

AMP導入のデメリット

デザイン性が高くない

AMPページでは表示速度を高めるため、静的に表示されるようにHTMLやJavascriptが制限されています。

そのため通常のモバイルページでデザインされていたページとは異なる表示がされることが多いため、デザイン性は担保されません。

コンバージョンが低下する

広告やアフィリエイトタグにはAMP対応をしていないものもあり、AMPページでは広告が表示されないこともあります。

そのため、そこからの広告収益、アフィリ収益を得る機会が少なくなる可能性があります。

運用の手間がかかる

AMPページを表示するためには別途AMPページを作成する必要があります。
通常ページとAMPページをそれぞれ用意する必要があるので、その分運用の手間が増えます。

また、AMPページで使えるHTMLやJavascriptも限定されているため、AMPページを作るための知識が必要となります。

AMP化できない場合がある

サイトの構築の仕方によってはAMPが向かない場合があります。

例えばユーザーのタップやスワイプなどの動作によって操作するようなサイトや、アニメーションが必須のサイトなどはAMPページでは動作しません。

そのため、AMP化をすることで却ってユーザビリティを阻害してしまう場合があります。

AMP(アンプ)実装方法

AMPページを実装するにはいくつかの方法がありますが、ここでは代表的な二つの方法をご紹介します。

AMP HTMLページで作成

まずはAMP HTMLの仕様に合わせてページを直接構築する方法です。
AMP専用のタグでページをマークアップします。

通常のHTMLとは異なるので、HTMLコーディングの経験や知識がある人でないと難しいでしょう。

WordPressプラグインで作成

WordPressでサイトを運用している場合は、Wordpress用のプラグインで簡単にAMPページ化をすることができます。

AMP化プラグインはいくつかありますが、公式のものである「AMP for WordPress」もその一つです。

インストールをしたら有効化することでAMP化の完了です。

後は見たい記事のURLの末尾に「/amp/」もしくは「/?amp=1」を付けて、ブラウザで表示確認をしましょう。

AMP for WordPress

AMPページが正しく設定されているか検証

AMPページの実装が完了したら、AMPテストで正しく設定されているかを検証することができます。
テストでは正しく設定されているかの判定の他、エラーが出ている箇所の特定もしてくれるので、テストをしながら問題がなくなるまでチェックをすると良いでしょう。

  • AMPテストを使用する
  • Google Search Console(以下、サーチコンソール)で確認する

AMPとSEO

AMPを導入することでページの表示速度が高まるので、SEO評価の向上が期待できますが、サイトの表示速度が元々早い、サイトの構造上AMPを導入するとデザインが崩れる、AMP非対応の広告タグを導入しているなどの場合、AMP導入がプラスに働かないこともあります。

SEO評価の側面でプラスに働きやすいAMPですが、上記のような場合は導入をよく検討されると良いでしょう。

また、今後SEOにおけるAMPの必要性が下がっていくことも考えられます。
導入に当たってはそのような情報をよく確認してから判断すると良いでしょう。

インフォトップのアフィリエイトが稼ぎやすい3つの特徴
インフォトップのアフィリエイトは全承認
高報酬率だから稼ぎやすい!
2ティア報酬制度でさらに稼げる!
アフィリエイター新規登録!  (無料)

-アフィリエイター, 用語集
-,

アフィリエイターを始めてみたい方は…

インフォトップアフィリエイターのための稼げるWEBマガジン「インフォトップカレッジ」は、アフィリエイトのノウハウや、トップアフィリエイターのインタビューなどのお役立ちコンテンツをお届けしています。

公式SNS


関連サイト

Copyright© インフォトップカレッジ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.