【目指せ収益化】アフィリエイトで稼ぐために初心者が書くべき記事数

2020年7月29日

アフィリエイトを始めてみたものの、収益化に至っておらず悩んでいませんか?
収益化できるだけの集客をするためには、ある程度の記事数が必要だとよく言われます。

しかし実際にどれだけの記事を用意すればいいのか分からないという方も多いのでは?

この記事ではアフィリエイトを始めるにあたって準備しておくべき記事数について解説していきます。

30記事は用意しておこう

まず結論から述べると、アフィリエイトサイトで準備しておくべき記事数は30記事程度は用意しておいた方が良いと覚えておきましょう。

Googleにある程度内容があると認識してもらうためにはこのくらいの記事は用意しておきましょう。

しかし、記事数だけがあればいいというわけではありません。
それを次の段落で詳しく説明したいと思います。

重視すべきは数よりも質

単純に記事の本数が揃っていればアフィリエイトで稼げるというわけではありません。

ある程度のボリュームの記事を用意しておくことも大事ですが、それ以上に重視するべきはその記事の質です。

本数ばかりではなく、記事一つ一つをしっかりと作り込むことも重要です。

現在のGoogleは記事の文脈を理解し、どのような内容が書かれており、ユーザーにとって有益であるかどうかの評価精度が飛躍的に高まっています

そのため、ユーザーにとって不利益、無益なものと判断された記事は検索上位に表示されることはなく、そのような記事をいくら用意してもユーザーの目に触れることはほぼないでしょう

「記事数」があれば、「ある程度の量の記事がある」と評価されやすくなりますが、「記事の質が高い」という評価には繋がりにくいでしょう。

アフィリエイトサイトを運営する上で大事なことは、記事数だけでなく、ユーザーのニーズにあったものを提供できているかどうかなのです。

ユーザーにとってメリットのある良質な記事を提供することができれば、質が評価され、検索エンジンの上位表示されやすくなります。

コンテンツの質を評価する重要な基準の一つである「E-A-T」について下記で解説していますので、合わせて参照してください。

【アフィリ向け】Googleが重要視するE-A-Tの解説&SEO攻略法

記事数の重要性について

では記事数はそれほど重要ではないのか?という疑問も湧きますが、記事数の重要性を無視していいということではありません。

記事数が一定数あることで、「サイトテーマの専門性」や「コンテンツが豊富である」と認識されるので、この要素も上位表示への影響はあります

質の高い記事が多ければ、もちろんサイトの評価も高まっていきます。

しかし逆に品質な記事が多いと評価されてしまうと、却ってGoogleの評価は下がってしまい、上位表示は望めなくなります。

記事数ばかりに着目せず、1記事毎にしっかりと内容のあるコンテンツを作りこんでいくことが優先です。

競合サイトの記事数もチェックしよう

冒頭で30記事は用意しておきたいと解説しましたが、これはあくまでも目安で、狙うキーワードや上位表示されている競合サイトの状況によって、必要な記事数は変わると考えておきましょう

明らかに競合サイトが自分のサイトよりも多い記事数を用意していたとすれば、それも評価に影響していると考えられるので、より多くの記事を用意しておく必要があるでしょう。

それは記事数だけでなく、記事の質(内容・作り込み)においても同様ですので、自分のサイトだけではなく、競合サイトの調査も欠かすことはできません。

競合サイトがどのくらいの数の記事を用意していて、記事をどのように作りこんでいるのかの調査は非常に重要です。

競合サイトよりも上位表示をするには数と質の両立を図っていく努力が必要です。

記事数が少なくても収益化するためには

しかし、質の高い記事をある程度の数用意するのはとても大変なこと。

「そこまでの労力や時間はかけられない!何とか収益化する方法はないの!?」と考える方もいるのではないでしょうか?

もちろん少ない記事数でも収益化が望める方法があります。

その方法とは「競合が少ないニッチなキーワード」を狙うことです。

「競合が少ないニッチなキーワード」であれば、上位表示の難易度は下がり、ボリュームは限られているものの集客が望みやすくなります。

競合が少ないニッチなキーワードとは?

例えば、商品・サービス名のような「強いキーワード」は、検索ボリュームも多く競合性が高いので、上位表示は熾烈な争いとなっており、上位表示するためにはコンテンツの作り込みだけでは難しく、多くの労力を費やすことになります。

「強いキーワード」をいきなり狙っていくのではなく、例えば「〇〇〇〇(商品・サービス名) おすすめ」のように、別のキーワードを組み合わせた複合キーワードに分解していくことで、競合性の低いニッチなキーワードを選定することができます。


( )内の数字は月間検索回数

組み合わせるキーワードは「ユーザーの悩み・ニーズ」に直結するようなものを選んで記事を作っていくのが有効です。

キーワードを探すには

狙うべきキーワードを探すには、Googleキーワードプランナーを使うと良いでしょう。
アカウント登録すれば無料で利用できるツールですので、是非利用しましょう。

こちらよりGoogleキーワードプランナーについて解説していますので、合わせて参考にしてください。

アフィリエイトで稼げるようになるまでの期間とやるべきこととは?

まとめ

アフィリエイトで収益化できるようになるためにある程度の記事数を用意しておくことは重要ですが、それ以上に記事の質は重要視すべきポイントです。

ユーザーの悩み・ニーズをしっかり捉えた優良なコンテンツを作るように心がけましょう。

また、競合サイトもしっかり調査し、SEOで上位表示を狙いやすいキーワードを選定しましょう。

  • この記事を書いた人
インフォトップカレッジ

インフォトップカレッジ

国内最大級のアフィリエイトサービスを備えたデジタルコンテンツを扱うネット通販サイト「インフォトップ」を2007年よりサービス開始。

「インフォトップ」では個人、法人を問わずデジタルコンテンツ、物販で商品を出品できるシステム、及びその販売促進のためのアフィリエイトシステムを提供するASPを運営しています。

以降、その会員数は累計で300万人を超え(2019年現在)、様々なジャンルにおいて商品を取り扱っています。

ASP事業において培われてきた「アフィリエイトのノウハウ」を、アフィリエイト初心者や稼ぎたい人に向け、発信をしてまいります。

【関連リンク】
インフォトップ [デジタルコンテンツ販売、ASP]
株式会社ファーストペンギン [運営会社]

-アフィリエイター, アフィリ基礎知識

Copyright© インフォトップカレッジ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.