アフィリエイトで稼げるようになるまでの期間とやるべきこととは?

2020年7月22日

電卓を持ってOKのサインをする女性

アフィリエイトをいざ始めてみて、初心者の方が必ずと言っていいほど当たるのが初報酬までの壁です。

「アフィリエイトは稼げるから」という理由で始めてみたはいいものの、報酬がまったく発生せずにモチベーションの維持が難しく、途中で諦めてしまう人も少なくありません。

このページではアフィリエイトで稼げるようになるまでには、どのくらいの期間がかかるのか、また、その期間でやるべきことは何なのかを詳しく説明していきます。

アフィリエイトで収益が上がり始める目安

収益が上がり始めるイメージ

収益が上がり始めるのはいつから?


アフィリエイトで稼げるようになるまでの期間は、一般的に約半年から一年程度と言われています。

少なくとも、検索結果ページであなたのサイトが上位に表示されるまでの準備期間として、最低でも三ヶ月程度は必要だと認識しておきましょう。

アフィリエイトはそのビジネスモデルの構造上、即効性があるものではなく、継続的にコンテンツを更新していくことで安定した収益を得るのに適したビジネスなのです。

アフィリエイトで稼ぐためには

手に持った大金を示す女性

アフィリエイトで稼ぐためには何が必要か?


アフィリエイトで稼ぐためには、何よりもまず「稼ぐ」という目的を大切にしてサイトを作っていくことが重要です。

ターゲットを想定する

あなたのサイトに来訪し、アフィリエイトリンクをクリックしてくれそうなユーザーのターゲットをしっかりと設定し、明確にしましょう。

ターゲット設定をするにあたって具体的に年齢や性別、地域など、いくつかの属性でセグメンテーションしてあげると明確なイメージができます。

加えて、各属性をより細かく設定し「ペルソナ」の設計をすることでユーザー像がぶれず、ユーザー目線からサイトを客観的に見ることができるようになります。

アフィリエイトで大事な「ターゲット」「ペルソナ」とは?

また、ターゲット設定において「購買意欲の強いターゲット」を意識することが大切です。

サイト内にユーザーを呼び込んだとしても、商品を購入しないユーザーばかり集めたのでは、アフィリエイトで収益をあげることはできません。

では、「購買意欲の強いターゲット」とはどのようにして集めればいいのでしょうか。

最もシンプルな方法は、「あなた自身」の行動を振り返ってみることです。

あなたが今欲しいもの、興味あるもの、過去にネットで買い物をした際にどのような行動をしたのか、どんな検索キーワードを使ったのかを振り返ることで、購買意欲の強いターゲットがどのような動きをするのか見えてくるはずです。

あなたが欲しいと思ったものと同じ商品を購入検討しているユーザーは、あなたと同じような理由から欲しいと思っていて、同じようなキーワードを検索していて、同じような文章に心惹かれるものです。

このように、「あなた自身をターゲット」とすることで、サイトに来訪するユーザーの質は大幅に向上するでしょう。

キーワードをリサーチする

SEOで上位を狙うためのキーワードを設定するにあたって、事前にキーワードをリサーチし、あなたのサイトの記事のカテゴリやネタを明確にすることも大切です。

キーワードをリサーチするにはGoogleが提供する「キーワードプランナー」を利用するのがオススメです

このキーワードプランナーは「Google広告」に広告を出す際に使用するもので、キーワード調査を行うことによって、より適切なキーワードを選定するためにGoogleが無料で提供しているツールです。

広告を出すわけではありませんが、アカウント登録とログインさえすれば誰でも利用できるツールなので、ぜひ使ってみましょう。

キーワードに潜むユーザーニーズに寄り添った記事を書く

キーワードプランナーで調査を行ったキーワードに対して、そのキーワードに潜むユーザーニーズを汲み取ることが大切です。

ユーザーニーズを汲み取るには、キーワード単体で検索上位を狙うのではなく、複合キーワードを駆使して流入増加を計りましょう。

まずは、狙っているキーワードを検索した時に表示される「サジェストキーワード」、または検索結果の最下部に表示されている「関連キーワード」をチェックしてみましょう。

サジェストキーワードや関連キーワードはユーザーニーズそのものと言っても過言ではありません。これらのキーワードを用いて、コンテンツのネタを集めていきましょう。


または、わかりやすい事例をあげると、「おすすめ」「使い方」「サービス名・商品名」なども挙げられます。

「おすすめ」とはキーワードに対しての調査を行っているユーザーにヒットします。同じようなキーワードとしては、「口コミ」「評価」「比較」なども挙げられます。

続いて「使い方」ですが、これはサービスや商品を実際に購入しようとしているユーザーにヒットします。同じようなキーワードは「手順」「始め方」「使いやすさ」などもあります。

最後の「サービス名・商品名」ですが、そのサービスや商品をより詳しく調べようとしているユーザーにヒットします。いわゆる商標ワードと言えます。
しかしながら、そのサービスや商品を売り出している企業に依存するワードですので、使いすぎるとリスクが高まることも意識しておきましょう。

SEOにおけるキーワードの選び方と記事の考え方〈アフィリ基礎〉

競合サイトをリサーチする

キーワードプランナーでキーワードを調査する際には、キーワードの検索ボリュームが多いのか少ないのかだけではなく、競合となるサイトは何なのか、その競合サイトのSEOの強さなどをしっかりと調査しておきましょう。

すでに競合サイトの数が多かったり、あるいは競合サイトのSEOが強く、ページ更新速度や内容についても充実しているようであれば、当然アフィリエイトの難易度も難しくなってきますので、事前調査は必須です。

また競合サイトをチェックすることで、そのサイトの強みや弱みをしっかりと把握し、自分のサイトの持ち味や武器はなんなのかを客観的に判断できるようになるでしょう。

SEO上位化 検索ボリューム 競合サイト
難しい 多い 強い
簡単 少ない 弱い

アフィリエイトする商品を調査する

インフォトップのアフィリエイター登録がまだの方はコチラから登録をしましょう。

アフィリエイター登録は3分!すぐにアフィリエイトを始められます!
アフィリエイター新規登録!  (無料)

商品の調査はアフィリエイター用マイページにて実施できます。

自分がアフィリエイト記事を作成するにあたり、商品のメリットや推しポイントを明確にしておきましょう。

上記でも記載しましたが、競合サイトを調査することで、自分のサイトとの差や、自分のサイトだけにある付加価値を生み出すことができます。

例えば、競合サイトでは見当たらなかった商品の切り口や比較軸を見つけ出すことで、あなたのサイトだけにあるオリジナルコンテンツを作り上げることも可能です。

まとめ

アフィリエイトは即効性があるものではなく、継続することで安定した収益を得るビジネスモデルです。

すぐに収益が発生しないからといって、コンテンツの更新を辞めてしまうのは非常にもったいないことです。諦めずにサイトを更新して行きましょう。

また、収益化するためには、事前の調査が必要不可欠です。
しっかりと戦略を立ててからサイトを作るようにしましょう!

アフィリエイター登録は3分!すぐにアフィリエイトを始められます!
アフィリエイター新規登録!  (無料)
  • この記事を書いた人
インフォトップカレッジ

インフォトップカレッジ

国内最大級のアフィリエイトサービスを備えたデジタルコンテンツを扱うネット通販サイト「インフォトップ」を2007年よりサービス開始。

「インフォトップ」では個人、法人を問わずデジタルコンテンツ、物販で商品を出品できるシステム、及びその販売促進のためのアフィリエイトシステムを提供するASPを運営しています。

以降、その会員数は累計で300万人を超え(2019年現在)、様々なジャンルにおいて商品を取り扱っています。

ASP事業において培われてきた「アフィリエイトのノウハウ」を、アフィリエイト初心者や稼ぎたい人に向け、発信をしてまいります。

【関連リンク】
インフォトップ [デジタルコンテンツ販売、ASP]
株式会社ファーストペンギン [運営会社]

-アフィリエイター, アフィリ基礎知識

Copyright© インフォトップカレッジ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.