【アフィリ向け】Googleが重要視するE-A-Tの解説&SEO攻略法

2020年4月1日

皆さんは「E-A-T」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

GoogleはWebページの品質評価において、この「E-A-T」を重要視するようになり、SEOで上位表示を狙いたいアフィリエイターにとって、無視することのできない要素なのです。

では、SEOにおける「E-A-T」とは一体どのようなものなのでしょうか?

「E-A-T」とは?

「E-A-T」とはGoogleが公開している検索品質評価ガイドラインで定義されている、Webサイト・ページを評価する指標の一つです。
特に「YMYL」領域においてはこの指標が重要と言われています。

「E-A-T」は「専門性(Expertise)」「権威性(Authoritativeness)」「信頼性(Trustworthiness)」の頭文字を取った言葉で、これらが高いWebページを評価すると、ガイドラインの中で明示しています。

この3つが満たされているWebページを作ることが、評価を高める方法となるのです。

「E-A-T」が高いコンテンツを作るには

Googleはユーザーファーストを第一に重要視をしており、この「E-A-T」はそれを構築するための基本的な概念であると理解をしましょう。

この要素を満たすことで、ユーザーファーストに根差して作られたコンテンツとして評価がされるようになります。

「専門性」は特に意識をすべき要素

「専門性」とはWebサイトやコンテンツが、「何かに特化した専門性を持っているか」という観点で、様々なジャンルに手広く網羅したサイトよりも、1つの内容に特化したサイトであるほうが、「専門性が高い」と評価されるようになります。

更にその分野に精通した人がコンテンツを作ることで、より一層の高評価を見込めます

専門性が高まると、そのほかの2つの要素「権威性」「信頼性」が相乗的に高まるという好循環を生み、上位表示ができる可能性が高まります。

専門性が高いコンテンツの作り方

まずはあなたが得意なジャンル、経験値の高いジャンルでコンテンツを作ると良いでしょう。
専門性が高いものが作れるだけでなく、オリジナル性を含んだ内容となり、より一層専門性を高める事が出来ます。

権威性を高めるためには

「権威性」とは、そのWebサイトやコンテンツを作成した人が、そのジャンルにおいて優れている、もしくは影響力があるかという観点で、特にそのジャンルでの専門家であると、高まりやすくなります。

例えば、「弁護士」などの専門職であれば、権威性が分かりやすく、有名人であれば、その権威性は更に強くなります。

専門家が執筆したコンテンツ、または専門家が監修したコンテンツであれば、その権威性は高いというわけです。

権威性が高いコンテンツの作り方

コンテンツの著者情報をプロフィールとして表示させましょう。
資格や実績など、ジャンルにおける権威が証明できる情報が掲載されていると良いでしょう。

そしてある一定数のコンテンツを用意するようにしましょう。情報が少ないページは権威性があるとは言えません。
コンテンツの内容を証明する引用をする場合は、権威性が強いサイトから引用をするようにしましょう。
その際必ず引用符を用いるなどのルールに注意してください。

また、情報が更新され新しいものであることを示すために、公開日や更新日も表示させ、こまめに情報をアップデートさせるようにしましょう。

信頼性を高めるためには

「信頼性」が高いサイトとは、簡単に言うと多くのユーザーに信頼され、安心して利用できるサイトであるかということです。

どのような運営者がサイトを運営しており、掲載されている情報がちゃんと正しいものであるかが明示されているサイトであることが重要です。

信頼性が高いコンテンツの作り方

まず、運営者情報をなるべく詳細に開示をしましょう。
運営者名やサービス内容を簡素に掲載するのではなく、

  • 運営者名(会社名)
  • 所在地
  • サービスや業種、事業内容
  • 企業の規模
  • 代表・スタッフの氏名や顔、人数
  • 企業沿革
  • 連絡先

など。

連絡先は電話番号やメールアドレス、その他SNSのDMの連絡先などを掲載すると良いでしょう。

そしてコンテンツの内容についてですが、検索ユーザーのニーズにしっかりと応えられている内容になっているかをしっかりと吟味しましょう。
その際、専門用語は多用せず、ユーザーに伝わりやすいよう平易な表現で書くようにし、誤字脱字・リンク切れなどの凡ミスがないようにしっかりとチェックしましょう。

行うべき施策は沢山ありますが、根本的な考え方は「正しい情報を提供し、ユーザーの利便性をしっかりと担保すること」です。

「E-A-T」が重要視されるジャンル

YMYLとは?該当ジャンルのSEO対策ポイントまとめ」の記事でも紹介していますが、「E-A-T」は「YMYL」ジャンルにおいて特に重要視されています。

「YMYL」とは「Your Money Your Life」の略で、人々のお金や人生に影響を与える領域のことを指します。

具体的には、

  • ショッピング、金融取引に関わるページ
  • 財務に関するページ
  • 医療に関するページ
  • 法律の関するページ

など、人の幸福や健康、経済、安全に影響を与える可能性のある情報を取り扱っているものはこの対象となります。

E-A-Tが「YMYL」において最重要とされる理由

Googleの基本方針として、「ユーザーに誤った情報を提供しない」という考え方があります。

情報を提供する側としては当然の考え方ですが、少し前に、信ぴょう性の低い医療情報を大量に上位させているキュレーションサイトが問題となったことがありました。
専門家による執筆、監修がない上場が上位表示されることで、ユーザーに悪影響を及ぼす恐れが発生していたのです。

そうした状況に対応するため、Googleはアルゴリズムのアップデートを行い、YMYLジャンルにおいては特に「E-A-T」の指標を重要視するようになったのです。

E-A-Tが高いだけでは上位表示は難しい

ここまで「E-A-T」という指標とその重要性について説明をいたしました。

しかし、この「E-A-T」はあくまでも重要性の高い指標の一つであり、これを満たしていれば必ずしも上位表示がされるというわけではありません。

ユーザーに提供する情報として、ユーザーニーズに応えられているコンテンツであるかが重要です。

「E-A-T」を重要としながら、「ユーザーのためになるサイトやコンテンツを作る」という目的は忘れないように意識しましょう。

アフィリエイター登録は3分!すぐにアフィリエイトを始められます!
アフィリエイター新規登録!  (無料)
  • この記事を書いた人
インフォトップカレッジ

インフォトップカレッジ

国内最大級のアフィリエイトサービスを備えたデジタルコンテンツを扱うネット通販サイト「インフォトップ」を2007年よりサービス開始。

「インフォトップ」では個人、法人を問わずデジタルコンテンツ、物販で商品を出品できるシステム、及びその販売促進のためのアフィリエイトシステムを提供するASPを運営しています。

以降、その会員数は累計で300万人を超え(2019年現在)、様々なジャンルにおいて商品を取り扱っています。

ASP事業において培われてきた「アフィリエイトのノウハウ」を、アフィリエイト初心者や稼ぎたい人に向け、発信をしてまいります。

【関連リンク】
インフォトップ [デジタルコンテンツ販売、ASP]
株式会社ファーストペンギン [運営会社]

-用語集

Copyright© インフォトップカレッジ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.