CVとは?CVRについても解説 / アフィリエイト用語解説

2019年11月12日

CVというのは『Conversion』(コンバージョン)の略語で、成果や成約という意味合いで使われます。

主にweb業界にいる人で、広告やマーケティング業務をする場合、

「CVは〇件だった!」
「CV多いね!」
「今回は、CVが少なかったね!」

のように、【件数】に照らし合わせて、多い・少ないの指標で使うことが一般的です。

『conversion』は直訳すると、「変換」や「転換」や「とってかわること」のように訳されますが、『「見込み顧客」から「購入・申込者」へ何人が変わったのか』という意味が転じて、成果件数の意味合いで用いられるようになりました。

「CVR」も併せて覚えておこう!

CVRは、『Conversion』と『Rate(率)』という2つの単語のアルファベットの略語です。

つまり、【顧客転換率】です。

一定数の見込み客に対して何かしらのアプローチを行い、それによって何%の人達が購入者へと転換したのか、ということです。

例えば、商品販売を目的に、1,000人に対してメールを配信し、100人が買った場合のCVR(顧客転換率)は、10%です。

(10/1,000 × 100 = 10%)

会話の中では、

「CVR20%だった!」
「今回はCVRが高かった!」
「購入件数が伸びず、CVRは低い数値に留まりました!」

というように、割合(%)と照らし合わせて、高い・低いの指標で使われます。

顧客転換率が、少し難しく感じる場合は、

【CVR】=【顧客転換率】=【成約率】

と理解すると、わかりやすいでしょう。

インフォトップでは、CVRの事を「購入率」と呼びます。

【登録無料】インフォトップのアフィリエイトを始めよう!

アフィリエイター登録する

-用語集

Copyright© インフォトップカレッジ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.