もっと稼ぐには

鉄板!稼げるライティングの型とは?

アフィリエイトで稼ぐために重要なことはたくさんありますが、
その中でも特に重要な「セールスライティング」について理解はできていますか?

セールスライティングはアフィリエイトの収益UPには欠かせない技術です。
ここでは稼げるアフィリエイトのライティングのコツについてご説明します。

稼げないライティングをしていませんか?

ブログやサイトアフィリエイトにおいてライティングのスキルはとても重要です。

実際、アフィリエイトで成果を上げている人とそうでない人の間では、このライティングスキルによって明暗を分けているケースをよく見かけます。

あなたのコンテンツは以下の項目に当てはまっていませんか?

  • 商品の特徴(メリットやデメリット)を羅列している
  • 結論の記述箇所はその都度バラバラ
  • 説明が多く、文章が長い

この3つは「稼げないライティング」の典型的なタイプとされています。

これらの書き方は「伝わりづらい」「読みづらい」原因となり、せっかく来訪したユーザーが離脱してしまいます。

では「稼げるライティング」とは一体どのようなものなのでしょうか?
今回はその基本の型について解説していきたいと思います。

稼げるライティングとは?

まず、稼げるライティングのポイントです。
これらが押さえられているコンテンツを書くことを目指しましょう。

稼げるライティングの考え方

  • 検索意図に合ったコンテンツ
  • 記事は結論から
  • メリットよりベネフィットを感じさせる

検索意図と購入見込み

まず、「稼げる検索キーワード」を選定しましょう。
そして、ユーザーの検索意図と提供するコンテンツをマッチさせることが重要です。

ユーザーは必ず何かしらの「意図」を満たすために検索をしているので、それを満たすためのコンテンツを用意しましょう。

その際「集客」に終始して、アクセスを稼げるキーワードばかりを狙っている人も見かけますが、成果は「購入(あるいは登録)」なので、商品の「購入見込み」があるキーワードをよく吟味して選定するべきです。

キーワードの選定で手を抜いているブログやサイトはすべからく失敗しているので、入念にキーワードを選びましょう。

コンテンツ構成

キーワードが選べたら、次はコンテンツの設計(構成)を組み立てましょう。
骨組みを作る作業なので、この作業も非常に大事です。

基本的な構成

  • タイトル
  • 冒頭文
  • 本文(内容に応じて、3~5段落程度)
  • まとめ

この構成をベースに、どんなことを書いていくか、流れを意識して構成案を作成します。

記事のゴールは予め決めておく

構成を作る際、検索意図とのズレが起きないようにゴールに何を設定するのかを予め決めておきましょう!

コンテンツの書き方

構成案ができたら、ようやくコンテンツを書いていきます。
その時に押さえておくべきポイントをご紹介します。

コンテンツを書く順番

「さぁ書くぞ!」と冒頭から書いてしまいたいところですが、WEBのライティングでは以下の順番で書くようにしてください。

WEBライティングの順番

  • 本文
  • まとめの段落
  • 冒頭文
  • タイトル

読む順番と違うので「え?」となるかもしれませんが、コンテンツをしっかりと読んでもらうためには「冒頭文」でユーザーの興味・関心を掴んでおきたいところ。

そのために冒頭部分で、このコンテンツを読んだら「分かる事」「得られること」を認識してもらいたいのです。

冒頭文はベネフィットを伝えるもの、タイトルはそれを更に端的に魅力的に伝えるものとして理解をしておきましょう。

本文は結論から最初に書く

本文は以下のような構成で書くようにしましょう。

基本の構成

  • 見出し
  • 結論
  • 補足説明

ユーザーはできるだけ結論を早く知りたいと思っています。
長々とした説明はとりあえず置いといて、答えだけをまず知りたいのですから、見出しの直後に結論を置いておくと、ユーザーには読む負担も軽く、伝えたいことがすぐに伝えられます。

伝えたいことが多くて、説明を読んでもらおうとついつい結論を後にしがちですが、説明が要らない人もいるので、この構成を基本にしていくと良いでしょう。

未来をイメージさせよう

「メリットの羅列」ではなく、これを使ったユーザーが「どのようなベネフィットを享受できるか」をイメージさせる書き方をしましょう。

この清掃用品でお風呂がキレイになります!

お風呂掃除は週に1度!時間に余裕ができます!

ポイントは商品の良さではなく、商品を使った結果、「ユーザーの未来がどのように変容したか」を伝えることで、行動や心境に変容をもたらす事ができます。

また、ユーザーにはまだ本人が気づいていない「潜在ニーズ」を持っていることがあります。

「お風呂掃除の負担が減る」⇒「家事をもっと効率化したい」という無意識のニーズを顕在化してあげることで、新たな購入動機を作る事も可能です。

コンテンツ構成案まとめ

構成案イメージ

タイトル 31文字以内(検索結果表示時に、タイトルが途切れないように)
・導入文 記事を読むことで得られるメリットを提示
本文① 見出し
・〇〇〇〇である(結論) ⇒ 答えを与える【最重要】
・その理由は~~(理由・説明) ⇒ 納得するための情報を与える
本文② 見出し
・〇〇〇〇である(結論) ⇒ 答えを与える【最重要】
・その理由は~~(理由・説明) ⇒ 納得するための情報を与える
本文③ 見出し
・〇〇〇〇である(結論) ⇒ 答えを与える【最重要】
・その理由は~~(理由・説明) ⇒ 納得するための情報を与える
まとめ
・上記本文で述べたことを再度整理してまとめる
・改めてメリットを提示する

まとめ

アフィリエイトで苦戦をしてきた人も、ライティングスキルを身につければ、売れる文章を書く事ができます。

売れる記事の考え方

  • 検索意図と購入見込みを考慮したキーワード選び
  • 検索意図にマッチしたコンテンツ
  • 結論から述べる
  • 未来をイメージさせる

です。

他にも難しい言葉を使わずに平易な言葉で書くなど、細かな工夫で伝わりやすさ・読みやすさは改善できます。

ユーザーの抱えている悩みや課題の解決を、読みやすくて未来のイメージができる形で提案してあげることが、大前提です。
今まで売れなかった文章も「ユーザー視点」を取り入れたライティングをすることで、売れる記事に必ず変わります。

「ユーザーにどうやれば刺さるのか?」これを念頭に、ライティングのスキルを磨いていってくださいね!

-もっと稼ぐには


インフォトップアフィリエイターのための稼げるWEBマガジン「インフォトップカレッジ」は、アフィリエイトのノウハウや、トップアフィリエイターのインタビューなどのお役立ちコンテンツをお届けしています。

公式SNS


関連サイト

Copyright© インフォトップカレッジ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.