もっと稼ぐには アフィリエイター

売れるブログアフィリエイトの型「新PASONAの法則」とは?

新PASONA(パソナ)の法則とは、1999年に著名なマーケッターである神田昌典氏によって提唱された、ユーザーの購買行動を促進するセールスライティングの型で、それぞれのステップの頭文字を取って、「P・A・S・O・N・A(パソナ)」の法則と呼ばれています。

「新」PASONAの法則としているのは同氏によって提唱されていた、PASONAの法則をアップデートして最適化したものだからです。

新旧の違いは後半で解説するとして、法則について解説をしていきましょう。

新PASONA(パソナ)の法則とは

新PASONAの法則はユーザーに対し、商品・サービスの魅力を最大限伝えるために書く順番をテンプレートにしたもので、その順番は、

新PASONAの法則

  • Problem:問題
  • Affinity:親近感
  • Solution:解決策
  • Offer:提案
  • Narrowing Down:絞り込み
  • Action:行動

です。

人間の心理を応用しているので、特にセールライティングにおいて効果的なので、アフィリエイトのコンテンツ作成にも非常に役立つテンプレートです。

では、新PASONAの法則の各ステップについて解説をしていきましょう。

新PASONAの法則:問題

まず、ユーザーの抱えている問題を明確化することです。

ユーザーが「自分のことかも?」と思うことで、この後のコンテンツを「自分事」として捉えられるようになるからです。

この時、ユーザーがまだ気付いていない場合でも、潜在的な問題が顕在化されることもあります。
潜在的な問題への気付きがあるとより効果的になります。

例えば、

  • どうしても夜食がやめられない
  • 外国人に話しかけられると委縮してしまう
  • 目を見て話をする事ができない

などの悩みを、「ユーザーの心理を分かっている」と伝わるように書くと良いでしょう。

新PASONAの法則:親近感

続いてはユーザーに「親近感」を持ってもらうステップです。

前段でユーザーの悩みを顕在化してあげたあとは、その悩みに寄り添うことでユーザーの心理をキャッチします。

「自分も同じ悩みがあった…」と過去の体験談を盛り込んだりするのはとても効果的です。

「この人も同じなんだ」と思ってもらうことで、ユーザーとの心理的な距離感が近くなり、これ以降の内容に関心を持ってくれるようになります。

その時、ストーリー性を持たせたり、リアルに生々しく表現することで、ユーザーの問題が鮮明にイメージされるようになります。

新PASONAの法則:解決策

ユーザーの問題を顕在化し親近感を持ってもらう事ができたら、次はその問題の解決策を提示しましょう。

商品やサービスはこの時点で初めて紹介することになります。
これを使うことで解決になるということを、なるべく「具体的かつわかりやすく」伝えることが大事です。画像や図などを用いるのも良いでしょう。

その時、なぜ解決に繋がるのかの証拠をしっかりと提示できるようにしましょう。
あるいは商品・サービスの信頼性や有効性に繋がる情報を一緒に提示することが大事です。

新PASONAの法則:提案

解決策を提示したら次はユーザーに商品・サービスをオススメします。
商品・サービスの特徴や料金、メリットやデメリットなどを提示します。

ここで大事なのは「導入のハードルが想像よりも低い」と感じさせること。

通常価格の後に値引き価格や無料お試しの要素を出したり、申し込みの特典などを紹介したりします。

また、「1日〇円で〇〇できる!」というように、月額だと大きくなる金額を日割にするなどで金額に対する心理的ハードルを下げる方法も有効です。

ただし、表現に関しては景表法などで制限されているものもありますので、法的に問題がないかの確認はしっかり行うようにしましょう。

新PASONAの法則:絞り込み

次にターゲットや期間の絞込みをしていきます。

ユーザーに今行動をを起こしてもらえるように、「このサイトを見ている人限定」や「期間限定」などとターゲット・期間の絞込みをすることで、今購入すべき理由をユーザーに与える工夫をします。

コンテンツを読んでユーザーが「この商品欲しいかも」と思ったとしても、今すぐ購入する動機がなければ、なかなか行動に移さないもの。
それを動かすために絞込みを行います。

新PASONAの法則:行動

そしてユーザーに行動を促しましょう

どんなことをしてほしいのかを具体的に呼びかけ、購入まで誘導します。

特に消費者の場合は、具体的に「買ってください」と促されないと行動に移さない傾向が顕著です。

ここで行動を促す言葉を使うことで、ユーザーの背中を押してあげるようにしましょう。

商品を使った時のベネフィットを想起させる訴求も効果的ですよ。

新旧PASONAの法則の違い

さて、冒頭で触れた新旧PASONAの法則の違いについてですが、このどちらも神田氏によって提供された法則で、新PASONAの法則は一部のステップをアップデートしたものです。

新旧では以下のような違いがあります。

新PASONAの法則 PASONAの法則
P Problem:問題 Problem:問題
A Affinity:親近感 Agitation:煽り
S Solution:解決策 Solution:解決策
O Offer:提案
N Narrowing Down:絞込 Narrowing Down:絞込
A Action:行動 Action:行動

旧PASONAの法則では、問題の後が「Agitation(煽り)」となっていて、問題をそのままにすることで良くないことになる、という「不安を煽る」というステップになっています。

この場合、「煽り」の解釈を間違った人が、必要以上にユーザーの不安を煽り立てるようなことになってしまうため、ネガティブな感情で意識をさせるよりも、「親近感」を持って寄り添って信頼関係を築く方がユーザーに対し適切であるとされるようになりました。

また、解決策の提示の後に提案を入れることで、より購買に繋がりやすいとして改変がされています。

まとめ

ブロガーはユーザーと直接対面をするわけではなく、文章という限られた範囲の中でユーザーに購買行動を起こしてもらう必要があります。

文章の説得力が最大の武器となるので、文章だけで売るスキルが必要になります。

そのためにも売れる「セールスライティング」の型というものを身につけることは、あなたがアフィリエイターとして成功する最も重要な鍵となります。

今回ご紹介したい新PASONAの法則以外にも、アフィリエイトで稼げるライティングの型はありますので、是非売れる文章の作り方を理解しておいてくださいね!

関連記事

「QUESTの法則」で差が歴然!アフィリで稼げるライティングとは

インフォトップのアフィリエイトが稼ぎやすい3つの特徴
インフォトップのアフィリエイトは全承認
高報酬率だから稼ぎやすい!
2ティア報酬制度でさらに稼げる!
アフィリエイター新規登録!  (無料)

-もっと稼ぐには, アフィリエイター

アフィリエイターを始めてみたい方は…

インフォトップアフィリエイターのための稼げるWEBマガジン「インフォトップカレッジ」は、アフィリエイトのノウハウや、トップアフィリエイターのインタビューなどのお役立ちコンテンツをお届けしています。

公式SNS


関連サイト

Copyright© インフォトップカレッジ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.